定率減税廃止

やっぱりというか、うんざりというか…。
定率減税が2年後に廃止されることに。
最大で29万円が年間で税金としてもっていかれるそうです。
おまけに消費税増税もかなり現実味を帯びてきた様子。
コメントで「減税を始めた頃より景気が良くなってきて」とのこと。
そんなものあくまで数字の上の話じゃないの?
腹が立つし、呆れて物が言えない。
日本ってこんなに住みづらい国だったんでしょうかね。

オズボーンの災難

ロック界の帝王こと、オジー・オズボーン邸から宝石が盗まれた。
その額、およそ2億円。
はぁ〜、2億円ですか〜。
しかも、報奨金として約2000万円の謝礼を用意してあると、これまた驚愕。
おそらく一番ショックと思うのがシャロン夫人のダイヤモンドの結婚指輪でしょう。
でも、結婚指輪って普段身に付けるものでしょ?
それともダイヤがでかすぎて使えないものだったのか・・・。
オジーも犯人に体を掴まれたものの、窓から逃走し無事とのこと。
しかし、以前の事故の傷は大丈夫だったのか?

世代交代

ドラえもんの声優陣が世代交代というニュースにショック。
なんでも25年間にわたりドラえもんの声を続けてきた、大山のぶ代をはじめとした
主要の声優五人(ドラえもん、のび太、しずか、スネ夫、ジャイアン)が来春から
入れ替わるとのこと。
幼い頃からこの声に親しんでいただけに、新しい声にはおそらく違和感を感じるだろうな。
それだけ、影響が大きかったのかもしれませんが…。
しかし、長い間、本当にお疲れ様でした。そsて、ありがとう!!!

10℃とミュールと素足

秋から冬へと移行しつつあるこの頃。
長野もすっかり寒くなってきました。
気温も10℃前半と、暖かい日が続いただけに堪えます。
そんななか、女の子は素足にミュールと、見ているだけで足が冷えそうな格好。
高校生なんて生足+ミニスカート。
「風邪ひくぞ」と言いたいところですが、大きなお世話というもので…。
主旨は少し変わるけど、バス停で喫煙している高校生。これも注意できません。
いいのかな、これで。

消費税率21%

「歳出削減努力や増税を行わず、現在のまま放置された場合、10年後に消費税率を21%に引き上げるか、歳出規模を3分の2まで削らなければ、政府の財政再建目標は達成できない」
という末恐ろしい記事を発見しました。
これが可決したらいったい我々はどうなってしまうんでしょうか?生きていけるのでしょうか?
先行き不透明なご時世であるからこそ、こういった問題が出てくるんでしょうね。
歳出規模の見直しで減税(これは難しいかな)の方向に進むことを祈るのみです。
政治家はこういった問題に対して、危機感をたいして持ち合わせていないからこんなことを考えられるんでしょうね。
こういった心配無用なほどの金持ちになりたいなぁ〜。

結果発表

2週間前の胃の検診の結果が出来ました。
今年も昨年同様に「グループ機廚念性ではありませんでした。
とりあえず、一安心ってところです。
ただ、年に一度の検査は行わないといけないとのこと。あと、具合が悪くなったらすぐに来いとも言われました。
来年で30になるので、会社の健康診断でバリウムを飲むようになるのですが、
胃カメラ飲むので、こちらは遠慮しときます。
ホント、健康って大事ですね。

大人

学生のときと違って、大人になると「物事を決める時間」というのが短いような気がします。
昔は悩んでいて、先延ばしにすることもできていたと思うけど、
さすがに社会に出てこの歳にもなると、即決とまではいかないけど、
悠長に物事に対して構えていられる余裕がない。
そんなに回りも甘くはないし、いつまでも先に進まないと、取り残される。
そういうこおtがあるから、年々月日の経つのが早く感じるのではないでしょか。

2ヶ月の結果

今日はジムでの体重測定の日。
月に一度の努力の結果を測るいわば努力測定の日でもあるわけ。
前日の結婚式で体重、体脂肪とも2ヶ月前とほぼ同じに…。
インストラクターの方に慰められたことも、ちょっとショック。
あぁぁぁぁぁぁ〜。
先月は体重、体脂肪とも減って気が緩んだせいかも…。
努力した分、体重に反映されるんだよね、こういうのって。
絶対、シャープになってやる!!!

ビバ・結婚

同期のS君の結婚式に出席してきました。
やっぱり結婚式っていいですよね。
二人の幸せいっぱいの笑顔と、そんな二人を祝福する周囲。
ボク自身、結婚して5年目になるわけですが、式にでると奥さんへの感謝の気持ちが
いつも以上に出てくるんですよね。
あのときの気持ちを忘れずに、良い夫婦でいられたら、なんて思いました。
S君、結婚おめでとう。
末永くお幸せに。

第2回胃カメラ検診

台風が接近し、雨の降りしきる中、胃カメラを飲んできました。
昨年同様に、喉の麻酔と、精神(軽い麻酔)を使った後にカメラを胃の中に入れるのですが、
思いのほか苦しいのに自分でも驚く。数分の辛抱と思いながら我慢していると、一度カメラを体外に出した後、「すいません、もう一度いきますね」と一言。
ええっ!と思ったんだけど、こればっかりは仕方の無いことなので従うことに。
前回よりもきつく、思わず涙が・・・。
細胞をとり検査をするわけですが、約9000円は正直高い。
胃カメラ、もっと楽にならないですかね〜。